FXはいくら稼いだら確定申告がしないといけないの?

こんにちは!在宅ライターのMarimoです!

FXで利益を得た場合、確定申告をして税金を納付する必要があります。

今回はちょっと分かりにくいFXの確定申告について分かりやすくまとめていきますね。

FXで年間38万円以上の利益を出したら確定申告が必要(副業の場合は年間20万円)

主婦・学生などがFXで年間38万円以上の利益を出したら確定申告が必要となっています。

(会社に勤めながら副業でFXをやっている場合は年間20万円以上)

FXで得た収入(為替収益・スワップポイント)から必要経費を引いた額(所得)に税率20.315%をかけた金額が納付する税金になります。

必要経費と認められやすいものは以下のようになっています。

経費として認められやすいもの
  • PCの購入代
  • FXの書籍代
  • FXセミナーへの交通費や参加費
  • 通信費の一部など

「これって経費のうちに入るのかな?」と迷った場合は、管轄の税務署に問い合わせてみるといいでしょう。

確定申告の時期や必要書類

確定申告の受付期間は毎年2月16日~3月15日までとなっています。

(土日で前後する可能性あり)

受付期間までに前年度の1年分の収入および経費の計算をし、申告書を作成する必要があります。

確定申告に必要な書類は以下の通りです。

確定申告に必要な書類
  • 確定申告書B
  • 所得税申告書第三表
  • 損益報告書(FXで年間どれくらい収益・損失になったかを表した書類)
  • 源泉徴収票(会社に勤めている人のみ)
  • 経費の領収書

損益報告書は、取引しているFX会社から発行されます。

(もらい方はFX会社によって微妙に異なるので、あらかじめ確認しておきましょう)

その他、FXで損失を出してしまい繰越控除を受けたい場合は所得税及び復興特別所得税の申告書付表も提出するといいでしょう。

まとめ

今回はFXの確定申告について解説していきました。

FXで利益を得て確定申告をする際は、今回ご紹介したことを参考にしていただければと思います。