FXの口座開設をするときに必要な身分証明書一覧

こんにちは!FXについてただいま勉強中のMarimoです!

FXの専用口座を開設する上で必ず必要になってくる身分証明書。

はじめてFXを始めたいと思っている人の中には「どの身分証を送ればいいか分からない」という人もいるでしょう。

今回はそんな人向けに口座開設時に必要な身分証明書一覧や身分証明書の送り方について解説していきます!

口座開設時に認められる身分証明書一覧

基本的にFXの口座開設時に受付可能な身分証明書は以下のようになっています。

受付可能な身分証明書一覧
  • 運転免許証(裏面に記載がある場合は要提出
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード(有効期限内)
  • 住民票の写し(発行から3ヶ月以内)
  • 印鑑登録証明書(発行から3ヶ月以内)
  • マイナンバーカード

など

その他、FX会社によっては顔写真付きの各種福祉手帳やその他官公庁から発行された本人確認書類でOKな場合もあります。

口座開設時にあらかじめ確認をしておきましょう。

基本的に顔写真付きの身分証明書の場合は1点のみ・顔写真なしの身分証明書の場合は他の書類とあわせて合計2種類が必要になってきます

(会社によって1点のみでOKな場合もあります)

また、FXの口座開設をする際は身分証明書と一緒にマイナンバーの提出も義務付けられているので注意してください。

身分証明書はどうやって送るの?

身分証明書の送り方は基本的に以下のようになっています。

身分証明書の送り方
  • Webアップロード
  • メール
  • FAX
  • 郵送

※口座開設するFX会社によって送り方は微妙に異なってくるので、あらかじめご了承ください。

自分がやりやすい方法で、身分証明書を送信するといいでしょう。

ちなみに私の場合は身分証とマイナンバーをカメラで撮影して、そのままWebアップロードしました。

まとめ

今回は口座開設時に必要な身分証明書や送り方について解説していきました。

会社によって提出する身分証明書や送り方は微妙に異なってきますが、基本的にはこんな感じです。

もし該当する身分証明書がない場合は、一度運営会社の方に相談してみるのもいいかもしれません。

これからFX口座を開設しようとしている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。