かさ増しダイエットのデメリット

かさ増しダイエットは、食べたという満足感が得られるので大きなデメリットはありません。強いて言えば、低カロリーなものを以前と同じように相変わらずたくさん食べるという場合には、胃が小さくなることは無いということです。食べる量を減らすダイエットであれば、徐々に胃が小さくなることで、徐々に食べ過ぎを防止することも可能です。かさ増しダイエットの場合は、食べる総量は減らないため、ずっとかさ増しダイエットを継続していく必要性が考えられます。また、かさ増しダイエットの場合、どうしても本家の食事よりは味が落ちてしまうので、ストレスに感じる場合もあるかも知れません。例えば、かさ増しダイエットの定番である豆腐ハンバーグは、フワフワした食感で、それはそれで美味しいのですが、なんとなく満足感に欠けるという方も多いと思います。やはり、カロリー摂取は抑えているために、なんとなくたくさん食べている割には満足感が少ないというのが、デメリットに感じるかも知れません。また、たくさん食べるということは、それだけ食費もかかりますから、胃を小さくしていくダイエットの方が健康的で経済的という考え方もあるかも知れませんね。