かさ増しダイエットとは

かさ増しダイエットとは、メニューの中に低カロリーな食材を混ぜ合わせることで、量はいつもと変わらないのにカロリーを低く抑えることができるというダイエット法です。ダイエットというと、食べる量を減らすことが中心になるので、過酷で長続きしなかったり、リバウンドで後から食べ過ぎてしまうなどというデメリットがあります。かさ増しダイエットなら、食べたという満足感を得ながら、摂取カロリーは減らせるという効果が期待できるので、食べることが好きな人にも向いているダイエット法です。かさ増しダイエットには、特に具体的にこうするというルールのようなものは無く、自由に低カロリーな食材を使うことができます。かさ増しに使われる主な食材には、きのこ、こんにゃく、豆腐、おから、玉ねぎ、もやし、キャベツなどがあります。例えば、どうしてもカレーライスが食べたいというときに、ご飯の量を半分にしてキャベツの千切りやもやしをカレーのお皿に置くというのもかさ増しダイエットのひとつです。ハンバーグを作るときに、ひき肉を半分にして豆腐でかさ増しする豆腐ハンバーグはかなり有名なかさ増しダイエットですよね。肉と肉の間にこんにゃくを挟んで、カツのように揚げるかさ増しカツなどもあります。